philosophy

私達は、誕生から死まで、身一つで人生を歩んでいくわけですが、その限られた貴重な時間 を、各人が置かれた環境の中で、「どうしたら、より快適に身体を動かし、生活の質を高め ることができるのか」-「身体の動き」をテーマに探求し、その研究成果を多くの方々とシェ アしていくことを目的として、このサイトを作りました。
人間の身体は、長い地球の歴史の中、環境・生活と相関し試行錯誤に満ちたプロセスを経て 進化してきました。しかし、現在の地球環境の中で最高度に適応しているように見えるこの 身体も、実は大きな矛盾を抱えています。人は誕生と共に重力の影響を受け、凡そ1年間か けて立ち上がるまでのプロセスが、その後の全ての動きの基盤となると云われますが、身体 構造による共通項はあるものの、個々人の成長と共に、親の動きや環境、文化、生活習慣等、 様々な後天的要因の影響を受け順応していく中で、次第に独自の動作パターンが形成されて いきます。元々、身体は連続した構造体であり、重力下において、神経系と全身の運動器が 一体となって環境や外力に対し、あらゆる姿勢・活動をコントロールしています。全ての運 動は、身体の複数の分節が時間的・空間的に協応して、合目的・合理的に行われる(運動連 鎖)ことが理想ですが、各体節の相対的な位置関係(アライメント)が姿勢の変化、つまり 運動パターンの基盤となり、その質の優劣を決定づけることはいうまでもありません。 ところが、現代人の多くは生活環境・様式の変化と共に、身体の内外からの様々な情報を感 受し、効率的な動作コントロールに繋ぐ身体感覚が低下して、日常生活における不自然・不 合理な運動パターンを発現し、それが構造的・機能的アンバランス・歪や不調を生むひとつ の大きな要因となっていると考えられています。身体の特定部位を緊張させてしまう、構造 上負担のかかる姿勢をとる、痛みのある個所をかばう形(代償作用)で更に負の連鎖を招く 姿位となる、ということは実際に多くあることですが、殆どが無意識の内に行われています。 しかし、個々人が積重ねてきた動作性は不可逆的に変化し、一度刻まれた癖は中々治らない のが現実なのです。そして、それは運動系のみならず、機能的相互関係にある他の全ての身 体系にも大きな影響を及ぼして、人間に本来備わっていた能力が活かされぬまま、様々な身 体の不調を生み出す原因となっていると考えられます。 それでは、どうしたら、より楽に、より快適に動くことが出来るのでしょうか?
本サイトでは、ヒトの動きを、解剖学・生理学・生物学・心理学・医学・物理学等の人間に 関わる現代の科学による客観的事実、そして自らの感覚器やイメージ力を最大限活用し身体 を主観的に捉えた様々なボディワークの実践等を通じ、多面的・多角的に考察・観察・実体 験し、日常の生活動作の向上、機能改善、リハビリテーションや介助、そしてスポーツのパ フォーマンス向上・傷害予防に至るまで、人の動きを根底から改善に導く具体的な方法を探 求し紹介していきます。運動指導者、医療関係者、施術者、身体の研究者はもとより、一般 の身体上の不調・不安を抱える方までお役に立てる内容を提案していくことを目標としてい ます。
これまでも、多くの研究者や実践者から、身体運動の学問・科学的手法やメソッドが提唱さ れてきました。しかし同時に、ヒトの身体―動きについては、まだまだ解明できていないこ とが沢山あることも事実です。そうした古今東西の先人や同時代人の研究成果を継承しつつ、 次世代に新しい価値を加え、伝えうる探求を気負うことなく、ここで続けていきたいと考え ています。そして、そのプロセスで得る様々な気づきの中にこそ、生の充実(生活の質を高 める)を得る答えがあると信じています。
*実際のプログラムは、各分野のエキスパートによる実体験をするワークショップ(セミナー)を中心に、動画、WEB レ クチャーを通して 公開していきます。詳細は各項目をクリックしてください。

「約 35 年間、人の身体に関わる仕事をしてきましたが、 身体―動きについては、まだまだ解明できていないこ とが沢山あること、そして、自身の学習不足・能力不 足を日々痛感しています。同時に、健康情報が世の中 に氾濫している-これさえ行えば(摂れば)解決・・・ 信頼性(根拠)のない情報も日々更新されていく状況 には、果たして、それで結果が出るのか、疑義も抱い ています。実際に、健康法を実践している一般の方、 また、実はその指導者までも故障を抱えているケース も少なくはありません。How to ものの表面を模倣す るだけ、個体特性を考えないやり方では、良い結果を 生みだせないことは明かなのではないでしょうか。 その解決の一つとして、この Exploring Human Movement では、個々人が身体の構造・機能を正し く学び、身体の感覚を高めて、日常の生活動作の向上、 機能改善、リハビリテーションや介助、そしてスポー ツのパフォーマンス向上・傷害予防に至るまで、あら ゆるレベルで、人の動きを根底から改善に導く具体的 な方法を解りやすく紹介していきます。 人が、自分の身体に向き合い、探求していくプロセス で得る様々な気づきの中にこそ、生の充実(生活の質 を高める)を得る答えがあると信じています。」

新宿区、港区のスポーツ施設で指導部門の主任を歴任 後、一部上場企業のグループ会社で、フィットネス施 設、競技スポーツ選手のサポート(指導受託)業のマ ネジメントを担当後、独立し、THE POWER STATIONCo,ltd(有限会社ザ・パワーステイション) を設立し、現在に至る。フィジカルトレーナー、鍼灸 師・あんまマッサージ指圧師として、これまで、社会 人野球、ラグビー、テニス、陸上、総合格闘技、ボク シング、空手、アメリカンフットボール等の選手の指 導とケアを歴任、運動指導者のための講習会: FITNESS SESSION の企画運営を行う。 趣味・嗜好 現在、プライベートの時間が殆どないが、元々は、音楽(プ レイ・鑑賞)、映画鑑賞、読書、木工、旅行、武術等。 小学生から酒を飲み、特に成人からは大酒飲み・大食いが、 かなり長期間続いたが、後に自業自得で、内臓系(実は運動 器も)が破壊され、現在は嗜む程度。特技・長所は特にないが、 敢えて言えば「自分のアホさ」を自覚していること。